ロレックスのオーバーホールの費用相場

基本料金は4,5000円~8,5000円が費用の相場です。その他、破損状況や部品交換の有無によって追加費用が発生します。

ロレックスの人気商品Top5

no.1

ロレックス サブマリーナー デイト

デイト表示付きタイプ。ロレックス ダイバーズウオッチの先駆け。型番116610LN。最後の40mmケース。

no.2

ロレックス サブマリーナー ノンデイトタイプ

ノンデイトタイプは型番114060のみ。ロレックス デイトタイプに比べ比較的リーズナブルな流通価格。

no.3

ロレックス エクスプローラー シンプルなデザイン

114270、214270、1016の3機種が人気。ロレックスの普遍的なデザインでシーンを選ばず使いやすい。

no.4

コスモグラフ デイトナの白文字盤

116503、116515LN、116506のロレックス3機種が人気。黒文字盤よりも高いプレミアモデル116500LN。

no.5

ロレックス コスモグラフ デイトナの黒文字盤

ロレックスの初代モデルから生産されているデイトナ黒文字盤。外観の美しさと堅牢性に特徴と人気。

時計修理

プロの技術者が分解して中身を掃除

高級腕時計は熟練した技術者によって作られていますが、長く使い続けるとトラブルが発生するのは避けられません。トラブルを未然に防ぐためにも、ロレックスのオーバーホールを活用することをおすすめします。ロレックスのオーバーホールとは、本体を分解して中に組み込まれている部品の一つ一つをチェックし、トラブルが発生しないように行うメンテナンスのことを言います。日本各地に腕時計の技術者が存在しているので、そちらのお店に依頼することでロレックスのオーバーホールをお願いすることができます。近くにこのようなサービスを提供しているお店が無い場合でも心配することはありません。オーバーホールしてもらいたいロレックスをお店に配送すれば、メンテナンスを終えて届けてくれるので便利です。

一生モノの時計を守ってくれる

高価な腕時計を長く使い続けるために、ロレックスなどの高級ブランド腕時計を持っている人の多くがオーバーホールのサービスを利用しています。その理由はオーバーホールをお願いすることで、ロレックスが壊れて動かなくなってしまうのを防ぐことができるからです。腕時計の中にはゼンマイや歯車など細かな部品がいくつも詰め込まれています。オーバーホールしてもらうと摩耗した部品は交換され、使われている潤滑油も新しいものに代えられることから、大切な時計を長く愛用することができるようになります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3